News

2018.04.12
4/20~4/30の期間では、『無料お試し』にご登録いただいた方全員が全動画・全問題が閲覧可能となります。
これを機に、無料お試しにご登録ください。

試験対策

登録販売者試験とは

どなたでも受験できる資格試験であり、各都道府県で実施しています。エリアによっては同じ日に、同じ試験で実施している場合もあります。複数の県で受験することも可能です。

試験日

都道府県によって異なりますが、多くは8月~11月で実施されます。受験の申請日の確認も忘れないようにお気を付け下さい。

試験項目

試験項目は、以下の5項目。
試験項目
出題数
配分
時間
医薬品に共通する特性と
基本的知識
20
40分
人体の働きと医薬品
20
40分
主な医薬品とその作用
40
80分
薬事関係法規・制度
20
40分
医薬品の適正使用・安全対策
20
40分
合計 120 240分

合格基準

厚生労働省の試験実施要項においては、総出題数に対して7割程度の正答の場合であって、試験項目ごとに、都道府県知事が定める一定割合以上の正答のときに合格とすること。となっています。都道府県知事が定める一定割合としては、3割5分に設定するところが多いようです。

出題範囲

試験問題は、「試験問題作成の手引き(以下、手引き)」及び「例題」に準拠して作成されます。そのため、手引きをしっかり確認することが合格への正しい選択です。
勉強内容
各章で勉強する内容をまとめました。

第1章 医薬品に共通する特性と基本的知識


※ クリックで拡大されます

第2章 人体の働きと医薬品


※ クリックで拡大されます

第3章 主な医薬品とその作用


※ クリックで拡大されます

第4章 薬事関係法規・制度


※ クリックで拡大されます

第5章 医薬品の適正使用・安全対策


※ クリックで拡大されます

合格するには

講義を聴き内容を
理解しよう

薬学ゼミナールは、薬剤師国家試験対策で大学・学生に最も選ばれている予備校です。その業界No.1の講師たちが、薬学生でも悩むポイントや重要事項を分かりやすく講義を致します。

問題を解き、
知識を定着させよう
(e-ドリル)

e-ドリルを利用した時間が長い(繰り返した)ほど、合格率が高いです。不合格の方の御意見では、反省として『e-ドリルの演習が足りていなかった』が一番多いです。

業界初の効率的な
勉強方法
(マイカリキュラムと
弱点克服)

自分ができない、苦手なところだけを抽出することができます。これができるのは、薬ゼミ登販オンラインだけです。
一般的な試験対策は…

講義を聴き理解する
(ユニット学習)

動画で学ぶコンテンツ。2017年薬剤師国家試験合格者数で業界No.1を誇る薬学ゼミナールの講師が分かりやすく講義します。

問題を解き定着させる
(e-ドリル)

問題演習コンテンツ。eドリルを利用した時間が長いほど合格率が高くなる傾向にあります。
当たり前ですね。
薬ゼミ流にすると!

業界初の効率的な試験対策!
自分が苦手な範囲のみを抽出することができます。これができるのは薬ゼミ登販オンラインだけ!

マイカリキュラム

指定のテストを受講すると、間違えた問題に該当するユニット動画が自動的に抽出される「自動カリキュラム作成機能」です。これにより、自分の苦手な範囲だけを効率的に学習できるようになります。

弱点克服

e-ドリルで間違えた問題や、自分で苦手と判断した問題が集約される機能です。これにより、自分だけのオリジナル問題集が自動で作れます。

質問BOX

講義の内容や問題で分からないことがあったら、一人で悩むのでなく、聞いてみよう。質問いつでもお待ちしています。

チューター

皆さんひとりひとりに、専属のチューター(講師兼アドバイザー)がつき、様々な面から登録販売者試験合格をサポートします。講義内容以外の質問(勉強方法やこの時期に何から始めればよいか、最近モチベーションがあがらない…など)は、どんどんチューターに相談して、一緒に試験合格に向かって進んでいきましょう。

全国公開模擬試験

本番を想定した予想問題で実施する模擬試験になります。
本試験と同じ問題数、同じ試験時間で実施をするため、時間配分や自分の知識を確認することができます。
模擬試験の成績表から苦手な範囲を分析し、最後の追い込みを掛けましょう。
詳細な日程などは、後日掲載致します(会場受験、自宅受験検が選べるように検討中です)。

勉強方法

Aライセンスをお申し込みの方には、ID、PASSWORD、講義動画のハンドアウト(4冊)、試験問題作成の手引き(3冊)を郵送致します。講義とハンドアウトでポイントを綱んでいただき、詳細な確認をしたいときに「試験問題作成の手引き」を読みましょう。
薬ゼミ登販オンライン サンプル動画

DOWNLOAD
(資料/3章貧血ハンドアウト[397kb] )
※ 実際には、冊子が郵送されます。
e-ドリルライセンスをお申し込みの方には、 ID、PASSWORDを御連絡致します。問題を多く解き、弱点克服機能で苦手分野を克服していきましょう。

コンテンツ数と時間目安


※ クリックで拡大されます

勉強のポイント


※ クリックで拡大されます

1年間で合格を目指すなら


※ クリックで拡大されます

半年間で合格を目指すなら


※ クリックで拡大されます

3か月間で合格を目指すなら


※ クリックで拡大されます

1か月間で合格を目指すなら


※ クリックで拡大されます

講師紹介

講師・杉本実希子からの
アドバイス!

試験合格はゴールではなくスタートです。
これから勉強するにあたって不安もあるかと思いますが、自分を信じて努力すれば必ず資格取得への道に繋がります。また、実際に現場に出て、学習した内容をお客様に提供出来た時きっと「努力して良かった」と感じることが出来ると思います。試験合格はゴールではなくスタートです。皆様が一歩前へと踏み出すことが出来るよう、精一杯サポートさせていただきます。一緒に頑張りましょう。
杉本実希子/profile
薬学ゼミナール 大阪教室勤務
第3章 主な医薬品とその作用 を担当します。薬学領域では、病態生理学、薬物治療学という病気の仕組みとその病気をどうやって治すのかなどを考える分野を専門としています。

講師・若林丈裕からの
アドバイス!

過去問題の解き込みと文章読解が重要です。
法規・制度の問題の対策は、過去問題の解き込みと文章読解が重要です。
過去の傾向から、法律の条文ベースで問題が作成されているため、非常に長い文章で出題されてくるのが特徴的です。よって、文章を読解するのに最初は苦戦すると思いますが、慣れてくるとパターン化されると思いますので何度も何度も過去問題に触れることをお勧めいたします。
若林丈裕/profile
薬学ゼミナール 名古屋教室勤務
第4章 薬事関係法規・制度、第5章 医薬品の適正使用・安全対策を担当します。薬学領域でも薬事関係法規・制度を担当し、薬や薬剤師が関わってくる法律や制度に関わる分野を専門としています。

登録販売者の資格

薬剤師に次ぐ、薬のスペシャリストです。

要指導医薬品と第一類医薬品以外の第二類、第三類医薬品を販売することができます。ドラッグストアにとっては欠かせない存在であり、調剤薬局やコンビニエンスストアでも登録販売者の需要が伸びてきています。登録販売者の方が地域医療に貢献しているエピソードや、「店長は薬剤師より登録販売者」と考える薬局が増えてきています。
また、登録販売者として働かなくても、日常生活に役立つ薬の知識が増えますのでご自身やご家族の健康管理にも役立ちます。

薬学生の方

大学のカリキュラムによりますが、大まかな範囲は3年生までに学ぶ範囲です。6年生過程の方は、CBTや国家試験までの学んできたことの総復習に受験する方もいらっしゃいます。4年生過程の方は、卒業までに合格を目指しましょう。3年生までに合格していると就職面接のアピールポイントになります。薬学部で学んできた内容、薬の知識を大切にし、登録販売者としての道も視野に入れておきましょう。

一般の方

最初は、聞きなれない語句に戸惑うかもしれません。でも、言葉の意味さえ知ってしまえば、何も難しいことはありません。薬の知識を知り、正しく使用することは自分のためにもなりますし、学んだことを家族へのアドバイスとしても使うことができます。処方せんがないともらえない薬とドラッグストアで買える薬の何が違うの?とか、この薬飲むときは、この食事はダメ!とか。学んでいて、「あー、そうなんだ」が多いと思くて楽しいと思いますよ!

お申し込み方法

ライセンス

ユニット
動画
e-ドリル 弱点克服
問題
マイ
カリキュラム
質問BOX 全国統一
模擬試験
チューター
Aライセンス
e-ドリル
ライセンス
お試し
ライセンス

(一部)

(一部)

受講料金

チャレンジ支援キャンペーン実施
通常、60,000円のところ12月まで35,000円(税抜)とします。

受講料金(税抜) 個人お申込み
フルライセンス(Aライセンス)
(12月まで)
35,000円
e-ドリルライセンス
(12月まで)
5,000円
お試しライセンス 無料
お申し込みはコチラ